マンション

マイホームを持ちたいと言う夢は、誰もが一度は思い描くものです。コストと予算を考えると多くの人が夢のままで終わりになります。実現することはかなり難しいため、実際に手に入れた方でも人生で一度の買い物になります。それでも実現できるとなれば、そのチャンスを逃すようなことは避けた方が良いでしょう。そのチャンス自体も人生で1回しか訪れない可能性があります。だからこそ問題視するのがコストの部分です。こだわりのデザイン、間取りを実現しようとすると意識しないうちに膨れ上がり、予算オーバーとなってしまいます。

なるべくシンプルなデザインにしようとしてもあまりコストには反映されず、床面積の小さなものを探したり部屋数を諦めたりと節約をしなければならない状況になります。せっかくのマイホームが、だんだんと夢から離れてつまらないものになっていくことを感じる人も少なくありません。

それでも予算を削らなければ購入自体ができなくなってしまうので、なんとかしなければならない問題です。そこで気になるのが、何を妥協すれば効率の良い節約を実現できるかと言う点です。間取りを見直して部屋数を減らすことが本当にコストの削減につながるのか、床面積を減らすことが本当に必要なのかなど疑問はつきません。

部屋数を減らせば、今後の人生設計が限られたものになり、使いづらくなる恐れもあります。デザインをシンプルにすることは、すぐに魅力がないマイホームになってしまう恐れもあります。それでもいろいろと悩むのは、極力安くマイホームを買いたいからです。

人生で一度しかない大きな買い物だから、失敗は許されません。そこで問題となるのがコストと予算の差です。下げられるところを下げて、それでも生活や人生設計に支障が出ないところでの妥協点がわかれば納得して建てることができます。

万が一、購入後に問題になるようなことがあれば、新築の購入を考え直した方が良いでしょう。また、リスクを考えるならば、賃貸で住み続けることにもメリットがあります。マイホームの購入は夢かもしれませんが、人生設計が限定されてしまうような買い方をしてまで手に入れるべきものでしょうか。

妥協すべきところは妥協し、本当に納得できた上で手に入れたマイホームであれば、夢の実現につながるはずです。何が必要で、何を諦められるのかをしっかりと考えて、人生を豊かにするための買い物としてマイホームを検討しましょう。